自分への理解を軸に 周囲との調和を高め 生きやすい世界を創る

体験者の声

  • HOME »
  • 体験者の声

受講生の皆さまからお寄せ頂いた体験談をご紹介します。
参加するとどんなことが手にできるのか。手になさりたいものをさらに明確にしいてただくことはもちろん、もっと欲張ってもいいのかも?というご自身への許可のために。
お役にたてて頂けますと幸甚です(^-^)

 連続講座 自分の世界を発現する(旧 アビリティコース)
 連続講座 対話の力を身に付ける(旧 対話力トレーニング)
 単発講座
 自己理解から始める 言葉のおけいこ
 ココロミル会
 個人セッション

img1連続講座の体験談

(旧 アビリティコース)

  • 人と関わるのが、そんなに難しく思わなくていいんだなぁ…って思いました。
    私、友達に相談されたとき、「○○やったらどう思う?」って聞かれて、「~~~~と思う」っていったら、「そんな考え方もあるんや!!」って言われて嬉しかったです!!それも一回だけじゃないんで、友達の道を少しでも開けたんかな?って思ってよかったです!!本当にアビリティ体験講座のおかげだと思うので、感謝の気持ちを込めて、このメールを送りました。(中学2年 女性)

 「中学生女子」と聴いただけで、思春期真っただ中の
複雑な感情や、
ややこしい人間関係に苦労した
自分を思いだします。
そんな年代の方に、人間関係において
楽になれた体験を持っていただけたこと、
ものすごく嬉しいです。(吉川)

  • 受講する中で、パートナーと出会い、結婚し、それを機に仕事を手放して新たな職場と生活環境を手に入れました。また、母の死に直面し、それに向き合うことができました。新たな職場、仕事、家庭で自分と周囲が自分を知り、行動し続けるきっかけとなる存在になっていきたいです。受講期間は、私の人生の中で最も外面的にも内面的にも変化が生じた期間でした。ありがとうございました。(20代 男性)

ご本人をよく存じ上げているから出てくる言葉ですが
様々なライフイベントが次々襲い掛かるような状況を
「よくぞ乗り切ってくれたなあ」と心から思います。
”自分には、それだけのことを乗り越えられる力がある”と
確認できる機会となったこと、おめでとうございます!(吉川)

  • 自分を奥深く見つめることができるようになりました。経営においては、売り上げを年間1億も伸ばすことができました。従業員のリーダーを変えて良い方向に転換できました。世界最大の雑誌社から取材の依頼が舞い込んできました。これからにおいても、自分を見つめ、自分という存在を承認し、人の役に立つ人間、必要とされる人でありたいと思います。(70代 女性 飲食店経営)

70代の方から頂く「自分を奥深くみつめられるようになった」
という言葉の重みといったら・・・。
ご自身に深く向き合う勇気と探究をありがとうございました。(吉川)

ほかの体験談も読む

(旧 対話力トレーニングコース)

  • 朝8時まで目が覚めずに眠れました!こんなこと、一年二ヶ月ぶりです。衝撃を受け、そして感動し、涙がこぼれました。頭もスッキリしています。
    昨夜は「もう睡眠薬を飲まなければ」と思いながらも、明後日に用意して頂いた松本さんとの対話の場でお話ししたい言葉がブワッと溢れてきて、1時間ほど書き留めていました。「あぁ、こんなことが今まで私の世界に起きていたのか。どれほどに自分を伝えること諦め、自分に愛がなかったんだろう」→続きを読む(40代 女性)

渾身の想いを言葉にし、伝えてくださり
本当にありがとうございます。
自分への諦めがどれほど自分を傷つけるか
自分への信頼がどれほど自分を力づけるか。
改めて感じさせて頂いております。(吉川)

  • 過去、話し方を指摘されることも多く、そのたびに「自分は間違っている?」という意識が働いていました。でも、「自分を変える必要はない」ということを伝えてもらい、気持ちがすごく楽になりました。(30代 男性 会社員)

「自分は間違っている?」と思い続けずに
済むことがどれほど自分を楽にさせてくれるか。
「変える必要はない」という言葉が届いても、
それを「そうだな」と採用くださったのは

何よりご自身の選択あってのものです。
心からありがとうございます。(吉川)

  • 自分に正直になる。って心地よい。
    最近、職場の中で「この人と空間を共にするとなんか自分らしくいられない」と感じる人がいました。でも職場の同僚なので無理して、自分を殺して付き合っていました。そんなこと思ってしまう自分がおかしいとも思いましたし…、
    その人は職場でもリーダー的存在なので、私に問題がある。と思うようにしていたのです。
    でも、今…ふと、「自分が窮屈だと思う人と無理してまで付き合うことで、何を得ようとしているのか」と自分に聞くと →続きを読む(30代 女性 公務員)

自分に問題があると思えばなんとなく
おさまりがつくような気がしてしまう・・・
人にはそんな性質があるように思います。
そんな時、新たにご自身に問いかけ、
自分の声を聴いてみてくださりありがとうございました。(吉川)

ほかの体験談も読む

img1単発講座の体験談

  • すっごーく考えました。考えたら・・・すごく疲れました。知りたいけど知りたくない・・・これが自分の弱点かしら、と思いました。その思いを講座中に口に出したら、少し楽になりました。体力のない自分、口下手な自分を実感。家に帰り、自分が何をしたいのか向き合ってみます!(30代 女性 公務員)

自分に向き合うって、パワーが必要ですよね!
そして勇気も必要だと思っています。
また見えてきた新しい”自分”がどんなか
ぜひ会話させてください。(吉川)

  • 今まで言葉にしていなかった・しにくかった「嫌い」という言葉を単純に”悪い言葉”とせず、言葉にすることで、私自身、すごく軽くなったように思います。また、辞めたいことが何なのかを言葉にしたことで、その先にあった罪悪感に気づき、もう自分を解放してあげようと思えたことが良かったです。(20代 女性 会社経営)

自分を解放できるのはやはり自分だけです。
ご自分の想いに目を向けて頂き、
「もう解放してあげよう」とご自身に
伝えてあげてくださったこと、
心から感謝します。(吉川)

  • 母に対する自分を見つめる機会になりました。極道系な現れ方をしてしまう私の存在を受け取る母は偉大です。母の世界が私をどうみているのか、探究していきたいです。自分の感じる違和感を信頼して、自分のこれからの人生を自分なりに歩み、どうなるのか見てみたいです。(50代 女性 高校教師)

新たな自分に気付く。
そしてその先に何が体験できるかは
その先を生きてみないと分からない(#^^#)
「これから」をさらにご一緒させていただければ幸いです。(吉川)

→ほかの体験談も読む

img1自己理解から始める 言葉のおけいこ

  • 他人にはかけられる優しい言葉が自分には全然かけれてなかったと思います。
    これからは、自分にも優しい言葉がけができたらなと思います。
    そうすれば、周りにももっと優しくなれると思います。(40代 女性 歯科衛生士)

→ほかの体験談も読む

img1ココロミル会の体験談

  • 心地よい自分を創ること。自分の選択が他から影響されないものであること。
    自分への信頼度を高めること。死ぬ直前まで自分らしく自分の使命を生きることが目標です。
    質問に対してのこたえになってなくてすみません。(50代 女性 公務員)

  ご自身の事を話してくださっている時が、とても楽しそうだったのが印象的でした。きっと、自分の声に傾け続けてくださっているからこそ、自分という存在への信頼、自分でいられる時間を大切にしてくださっているんだと感じました。

最後の一文に宛てて。ご自身がどう感じてくださったかを言葉にして頂き、感謝の思いでいっぱいです(*^^)v(野村)

  • 昔は「○○は△△だ」と決めつけていたところがあったのですが、それは自分の可能性を狭くしたり、周りへの理解の低下に繋がるなと感じたので、意識的になくすようにしていました。今日松本先生のお話しを聞いて「選択肢を増やす」という事も時間の使い方の幅を広げたり、自分のために時間を使える事にも繋がるのかなと思いました。「自分への信頼」を深めていきたいです。(30代 女性 歯科助手)

初めてご参加下さった方でしたが、まさに「自分への信頼」を深める一歩を踏み出して下さったと感じました。時間の使い方の選択肢を増やしてみるのはありかもしれない。今がどう使っているのか?それは自分にとってどうなのか?それを感じながら過ごす時間はどんな価値があるのか。この時間はこれで良しと思えたら、きっと自分が嬉しいなぁと感じました(*^^*)(野村)

  • 自分の手当を大切にしてよいということ。人を信頼してよということ。その自分で大丈夫ということを改めて観れました。今、今日、明日、何をしたいか。じっくり自分に時間をかけることを試み続けさせます。(40代 女性 教師)

  自分の為に、今をどうしたいかを自分の心に耳を傾けてくださる事へ感謝です!
そんな日々が、また自分で大丈夫と自分への信頼を重ねる事が できるのかもしれません(^^)
これからもずっと一緒にいる自分への愛をとても感じました。(野村)

  • 今までとは少し違った働き方に不安があると思っていましたが、言葉にしているうちに働く場所や働き方が変わるのが恐いのではなく、今それについて何もない状態でいることがただ不安で恐いのだと気づくことができました。そして、今まで生きてきた様に目の前にチャンスが来たらそのチャンスを掴み、新たな働き方ができるようになりたいと改めて思います。(20代 女性 理学療法士)

何かを新しくやり始めようと思う時に不安はあるものですよね(^^)
自分の心と向き合った事で、その不安が一体何から感じているもの?を
観始め、何もしていない事への不安に気づく。そして、これからはどうしたいか。
一歩を踏み出した時に、今回の事がきっと自分を力づけてくれる経験になったのではと思います。(野村)

  • 自分でも気づいてはいたのですが、無意識に「すみません。」という言葉を何度も使っていた事に改めて気づきました。まずはそんな自分をねぎらって、OKを出してあげること。そして「すみません」から「ありがとう」へ変えることを試みたいと思います。(40代女性 看護師)

悪い事をしたわけでもないのに、「すみません」と言ってしまう。
私もつい使ってしまいがちですが、「すみません」を「ありがとう」にするだけでも、
自分にも優しい言葉がけにもなり、受け取る相手にとっては嬉しい言葉になりますね(^^)
言葉に意識を向ける事は、自分を理解するきっかけにもなるのかもと思いました。(野村)

→ほかの体験談も読む

img1個人セッションの体験談

  • 引き出されるようにどんどん言葉が出てきて自分でも驚きました。最初は、過去のしがらみにある程度向き合えるようになったものの、まだ残るもやもやの整理の方法などを松本さんに伺えればと思っていたのです。でも、松本さんにお話を進めていくうちにその時の自分への感謝がどんどん高まっていくのを感じました。
    寄添力という言葉があるとしたら、松本さんのためにある言葉なのではと思いました。→全文を読む (30代 男性)
  •  「あなたはどう思うの?」と訊かれると、「どう応じれば私は大丈夫なのか?」と相手が求める答えを探る自分がいます。松本さんと居るとそんな自分を緩められます。→続きを読む(40代 女性)
  • 「会社を辞める」選択肢が自分の中で色濃くなるほどに、「到底やめられない」という思いも強くなっていき、自分がどうしたいのか考えようにも考えることができませんでした。→続きを読む(30代 女性 自営業)

→ほかの体験談も読む

Help単発講座はどんなテーマで開催されてるの

Help連続講座、単発講座はどう違うの

 

お気軽にお問合せください TEL 090-4229-2891 メールでのお問合せはこちらから〔担当:吉川〕

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

動画 配信中

「頭や気持ちを切り替えたい!」 
「この出来事には 他の見方もあるんじゃないか?」
そんな時、活用してみませんか?
(画像をクリック)

講座情報(メルマガ)登録

自分への理解を生きる力に
 CLSTメルマガ
Email:
お名前:
原則、月1回発行

→ 最新号はこちらから

個人セッションを体験

講師松本との無料セッションを
ご用意しています
(お一人様1回限り)
→ ご希望の方は、こちらから


関連ページ

松本講師が主宰する
「松本コミュニケーション研究所」


PAGETOP
Copyright © Create Lifestyle Support Team All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.